「う」から始まる小さなお話*

<動けない理由。>

動かなければイケナイのに、
動けない。
動かなければイケナイのに、
動きたくない。

そういうときは、
「動かす順序」を間違えています。
ただ、ただ、それだけなのです。

あなたが(ぼくが)ダメだからでなく、
あなたの(ぼくの)意志が弱いなどでなく、
動かなければ、というときに、
レバーを切る順序がサカサマだから、
エンストしているだけなのです。

動かなければイケナイのに、
動けない。
動かなければイケナイのに、
動きたくない。

そういうときは、
「アタマ」→「カラダ」という順番で
動かしてしまっているものです。
けれど、そうではないのです。
エンストしない正しい順序は、
「カラダ」→「アタマ」の方なのです。

アタマを先に動かしてしまったなら、
カラダを動かすその前に、
動かなくていい理由、
動きたくない言い訳を探しあてることにこそ、
時間とチカラを注いでしまいます。

だからカラダを先に動かすのです。
アタマを動かすのは動き終った後か、
動き出してからでいいのです。

もしエンスト気味でお困りでしたら、
動かすレバーを逆にしてみるのが吉ですよ。

イデトモタカ(2012年5月12日)