<会うことでうまれることば。>

会うことでうまれることばって、
ありますね。

電話でも、メールでも、手紙でも、
それらをどれだけ重ねても、
たった一回の会うにはかないません。
会う、以外の会うに似せた行為では、
決してうまれないことばがあります。
それは、ふしぎといえばふしぎで、
とうぜんといえば、とうぜんなのでしょう。

ことばは気もちです。
ことばは発想です。
ことばは行為です。
そして、
ことばは感情であり、決意であり、
勇気であり、じぶんと、相手です。

会う、ことがいいのは、
そうしなければ、
ふたりのあいだにうまれることのなかった
ことばにも出会えるからだと思うのです。
それは、口には出されないかもしれません。
それは、音にはならないかもしれません。
けれどまちがいなく、
ふたりでうんだものであり、
宝ものとして
財産になっていくような気がします。

会おう。

大切な人には、やっぱり、会おう。
できるだけ、会いにいこう。
そして、なんてことはなくても、
一緒に、おなじ時間を過そう。
そこでうまれることばがきっとあるから。
ふたりの溝を埋めることばが、
あるいは距離を縮めることばが。

大切な人は、後回しになりがちです。
重要な人は、頻繁に連絡するからと、
ついメールや電話に頼りがちです。

会おう、
おなじ人に、大切な人に、なんども。

会うことでうまれることばって、
ありますからね。


追記:

人に関するいろいろな問題のほとんどは、
きちんと時間をかけて会うことで、
解決できるのだと思います。
逆さまにからいうと、
人に関するいろいろな問題のほとんどは、
きちんと時間をかけて会うということを、
ないがしろにしたことで、
うまれてきたのではないかと思います。
大事なら、会おうぜ。

イデトモタカ(2012年4月4日)