<手放す成長。>

「手放す」というのが、
もっぱらのマイテーマでございます。
まだまだいまよりも若いじぶんでは、
「手放す」ということが、
「成長」と対になっているとは、
よもや思わぬことでした。
けれどいまは、痛感しております。
手放すことは、成長です。

知識や経験、
あるいは価値観や決断には、
それ相応の「寿命」というものが
あるような気がしています。
ある期間、ある時期においては
それはとても重要で有益なのですが、
そのタイミングといいますか、
ゾーンを過ぎたなら、
逆にじぶんの足を引っぱる
ヤッカイモノになる場合が多々あります。
じぶんの人生や、
諸先輩方を見ていると、
どうにもそれは確からしいのです。

手放す。
では、なにを手放せばいいのか。
そのヒントを教えていただきました。
それは、
じぶんにとって一番大切なもの、
だそうです。
これまで一番大切にしてきたもの。
それを、手放してみる。

ちょっと、想像してみてください。
あなたが手放せないでいるものは、なんですか。
それを手放さないでいることで、
得られているメリットはなんですか。
それを手放すことで起こりそうな、
デメリットはなんですか。
最後に、それを手放してこそ手に入る、
メリットはなんですか・・・・?

イデトモタカ(2012年6月15日)