<結婚した友人へ。>

永遠に愛しつづけるだとか
一生恋心を忘れないだとか
絶対に幸せにするだとか
そういうことを誓い合うのは
およしなさいな。

これからは二人の人生なのだから
一緒にいることを気負うことなく
一緒にいることを安らぎにできるような
誓いのほうがいいじゃない。

世界にはどうこうできることと
どうこうできないこととがあるわけだ。
素直な感情や相手の気持ちは
どうこうできないことでしょう。

だからそういったものについて誓うのに
ぼくはどうにも賛成しかねてね。

自分たちの力でどうこうできること。
それは未来をつくるということ。
共に歩む未来を選ぶということ。
つまり選択だ。

「真心を選択する」

ぼくにはどうもそれが
いい誓いのように思えるんだ。

これまでの人生がそうであったように
これからの人生にもいろんなことが
きっと起きることだろう。

そのときに
迷ったら困ったら悩んだら
どうすればいいかわからなくなったときには
真心を選択する。

それだけで回避できるものは
必ずたくさんあるはずだ。

それだけで越えられる壁も
必ずたくさんあるはずだ。

ぜひ互いに真心を選択し合ってほしい。
分かれ道が訪れるたびに。
そして行き着く未来はきっとうつくしいから。

では、結婚おめでとう。

イデトモタカ(2014年11月8日)