<イージーシンプル。>

人は、ぼくは、じぶんのレベルが高いと思って、
もっとむずかしいことを求められたいと、
もっとむずかしいことをやりたいと、
つい考えてしまいがちです。
でもそれは、たいていの場合、間違いでして、
どう間違いなのかというと、
一つはじぶんはちっともレベルは高くないという誤解で、
もう一つは、むずかしいことをする必要はぜんぜんない、
ということです。

ほしいものがあるから、欲求を満たすため、
ぼくらは行動します。
重い腰を上げて、よっこらしょっと動きます。
せっかく目が二つもついているのに、
おなじものしか見ていないので、
多くの場合認識を誤ってしまいます。

じぶんのレベルは高い。
達成したいことの難易度は高い。
もっとむずかしいことをしなければ、達成できない。
じぶんにはもっとむずかしいことができる。

こんな間違いです。
ええ、ええ、ま、ぼくのことですけれどね。
でもね、実際にはそうではないのです。
じぶんのレベルはちっとも高くないですし、
ありがたいことに、達成したいと思っていることの難易度も、
実はそれほど高くなかったりします。

けれど、じぶんのレベルも、達成したいことの難易度も、
ついすごく高いと勘違いして、結果、失敗してしまいます。
難しいことに挑戦しようとするからです。
でもそれは、やっぱり、難しいのです。
ではどうすればいいのかというと、
まったく逆をすればいいのだとなります。
じぶんは大したことはなく、また、それを実現するために、
大したことをする必要もないのだと。

簡単なことは馬鹿にされがちです。
でも見た目が簡単であることと結果が出ることは別です。

明るく挨拶をする。
機嫌よく振る舞う。
相手の話をしっかり聞く。
小さな約束をきちんと守る。
計画を立てて、計画どおりに行動する。
チェックリストをつくって、確認する。

たぶん聞いたことがないものはないでしょう。
でも人生の極意は、こんな平凡なものだと思います。
じぶんに対する評価だとかイメージを
下げましょうといいたいわけではなくて、
もっと簡単に考えて、もっと簡単なことをしようぜとね。
イージーアンドシンプルに。

イデトモタカ(2015年11月03日)