<ゲシュタルトの祈り。>


私は私のことをします
あなたはあなたのことをしてください

私が生きているのは
あなたの期待に応えるためではありません

あなたもまた わたしの期待に応えるために
生きているのではありません


あなたはあなた 私は私


もし 私たちの心が通じ合わなくても
それは仕方のないことです

そして 私たちの心が
たまたま触れ合うことがあれば

それは最高に素晴らしいことです


--


この詩は、ドイツの精神医学者
フレデリック・パールズの遺したものだそうです。
彼は妻のローラとともに、
ゲシュタルト療法をつくりました。

「誰の人生ですか?」
というシンプルな問いかけと一緒に
「無理しなくていいよ」
とやさしく語られているみたいです。

ぼくらの心が疲れるときは、
誰かとじぶんを比較しているときや、
じぶんの意思ではなく、
誰かの期待に沿うように振る舞っているとき
・・・なんですよね、きっと。

誰かに認められたいという気持ちは
もちろんあります。
みんなに理解されたいという想いも
もちろんあります。
じぶんの考えや生き方に同意してほしいと
つい望んでしまいます。

でも、
あなたはあなた、私は私。

なんですよね。

あなたの人生は誰の人生?
誰がなんといおうと、
あなたが生きたいように生きましょうぜい。

イデトモタカ(2009年5月9日)