Archive 2012.02.01 - 02.29

『ふろむ東京』

今朝、東京のパティシエの方から
『渾身の雪だるまさん』という件名で
お便りが届きました。
大阪はごく晴れていましたよ。

(by ひつじ館長)

『切手いぢめ』

たしかにさ、
なんでもいいとは言いましたけどさ
こんなことになるなんてさ
だれが想像しますかお嬢さん。

(by あるコピーライター 被害)

『食卓の華』

シャンパーニュがあるとき、
しゅわー。
ないとき、
(もぐもぐ。)

(by ひつじ館長 大阪)

『EKIBEN』

窓の景色とEKIBENは
ずいぶんと旅をたのしくします。
隣がおじさんでも気になりません。

(by ひつじ館長 車窓)

『東京スカイツリー』

測ってやりました。
このくらいでした。
次回はお昼に挑戦します。

(by あるコピーライター)

『チーズフォンデュ』

憧れのチーズフォンデュです。
えらく照明が暗かったのですが、
おいしたのしかったです。
フランスパンの魅力を
再認識しました。

(by ひつじ館長 チーズの夜)

『オレンジ(野外)』

知らない町で
お散歩をしていると
オレンジが落ちていました。
帰りにとおったときには
ありませんでした。
持ち主がみつかってよかったです。

(by ひつじ館長 屋外)

『右書き左箸』

そういうめずらしい人間も
世の中にはいるみたいです。
コピーライターだそうですけどね。
腕時計は右にしてますが
みるといつも外しています。

(by ひつじ館長 不思議)

『はっぴーばーすでー』

お母さんが誕生日だったので
お姉ちゃんがケーキをつくりました。
お父さんは日本刀で居合の練習
ぼくはソファーで詩を書きました。

(by あるコピーライターとその家族)

『箸置き』

箸袋でつくる
こんなステキな箸置きを
館長は習得しました。
次はカニに挑戦しようと思っています。

(by ひつじ館長 習得)

『目』

ぼくはこんな目を
しているのだそうです。
出会った方々、いかがです?

(by ナプキンに描かれた自画像)

『合格祈願』

こういうの、すごくいいです。
こういうの見ると
館長泣きそうになっちゃいます。

(by ひつじ館長 感涙)

『観覧車』

お散歩していると
観覧車に出会いました。
きれいでしたよ、回ってましたしね。

(by ひつじ館長)

『枝付きレーズン』

枝が付いてると
養分が抜けないから
おいしく干からびるそうです。
おいしくなかったです。

(by ひつじ館長 残念)

『カツカレー好き』

ついカツカレーを頼むのですが
じっさいのところカツのほうは
二切れくらいしか食べられません。

(by ひつじ館長 無念)

『ねぎ好き』

オトナになると
ねぎ好きという人種に
出会うことになります。
これは、子どものころには
いなかったタイプの人種ですが
友好的なので心配いりません。

(by ひつじ館長 出会い)

『モフモフさん』

知り合いの家に遊びに行くと
モフモフさんが出迎えてくれました。
どうもどうも、はじめまして。
いいポーズですね。

(by ひつじ館長 出会い)

『外道タワー』

「とりあえず生」が飲めないので
ぼくだけ乾杯がこんなことになります。

(by あるコピーライター 外道)

『桜マカロン』

さくらの香りのする
おいしいマカロンをいただいて
そしておいしくいただきました。
春の感じをちょっと味わいました。

(by ひつじ館長 おやつ)

『一昨年のいまごろ』

ぼくらは毎日
朝をリレーしているように
どこかの国が寒いとき
どこかにあったかい国が
あるんだなぁ。

(by あるコピーライターと海)

『多目的』

多目的って、
なんだかよくわからないけど
なんだかよくわからないから
おもしろい気がします。
多目的って。

(by ひつじ館長 多目的)

『いしだい』

これはネコのしっぽですが
どこか石鯛の面影があります。

(by ひつじ館長 魚通)

『個展』

こてん、って、
なにかが転んだような響きですが
なにかが始まるような気もします。

(by ひつじ館長 観賞)

『LOVE』

LOVEが枠の中に入っていました。
枠の中にあるほうが、
よく見えるらしいです。

(by ひつじ館長 観賞)

『立食で立春』

立ったまま料理を食べる
パーティにご招待いただきました。
ふだんは行儀が悪いといわれても
きょうは立ってたべること推奨です。
そういえば電車でご飯はマナーが悪いと
いわれることが多いですけれど
駅弁の好きな館長は、困っちゃう。

(by ひつじ館長 春)

『おしゃれコート』

ぼくのコートなんですけどね、
モデルさんの方が着たいといったので
着てみてもらうとずいぶんと
似合っていておしゃれな感じでした。
ぼくのコートなんですけどね。

(by あるコピーライター 嫉妬)

『0カロリーの矛盾』

栄養がないもののほうが
人気の時代が来たなんて聞いたら
ぼくらのご先祖さまたちは
さぞびっくりするでしょうね。

(by ひつじ館長 ゼロ)