Archive 2012.03.01 - 03.31

『人前で話をする人』

こんな感じで、
たくさんの人の前で
話をする役割の人がいます。
なにかの罰でやらされている
というわけではないんですよ。
いい方なんですよ。

(by ひつじ館長)

『お披露目会』

あるお披露目会に出席しました。
館長からの新作発表は・・・・
うふふ、まだ内緒です。

(by ひつじ館長 秘密)

『どこ』

どこでしたっけね。
あるんですよ、こんな場所が。
この星のどこかなのだけは
「たしか」なんですけどね。
どこでしたっけね。

(by ひつじ館長)

『オードブル』

シェフの方が2回も
左周りに説明してくれたのに
館長にはさっぱりでした。
あとでおいしくいただきました。

(by ひつじ館長)

『ネブライザー室』

お薬を霧状にして
鼻や口から吸収させる装置だそうです。
ひつじでも大丈夫なのでしょうか?

(by ひつじ館長)

『ナンのデカさよ』

インド料理屋さんで、
パンのような感覚で、
ナンというものを注文すると、
出てくるもののデカさよ。

(by ひつじ館長 少食)

『堂島オムライス』

ふわっふわの
とろっとろで、
たまご天国のようでした。
しかも天国なのに、食べられます。

(by ひつじ館長 ランチ)

『デザイン/製造』

見えにくいですが、
「デザイン:アメリカ
 製造:中国」
と書いてありました。
そんな時代なんですねぇ。

(by あるコピーライター しみじみ)

『タコパ』

これはタコパというお祭りです。
ある地域においてはとても伝統深く
二人から低予算でできるお祭りとして
いまも受け継がれています。

(by ひつじ館長 祭り)

『入り口』

ある島国で、
立派な体をした男の人たちが
裸でぶつかり合うお祭りをしていました。
ここがその入り口のようです。

(by ひつじ館長 祭り)

『大相撲』

これはある島国の国技の
SUMOというものです。
選手は裸に近い姿になります。
風邪を引くといけないので
室内でおこなわれます。

(by ひつじ館長 観戦)

『What?』

誰が誰に何をいってるのかしらん。

(by ひつじ館長 不明)

『四字熟語』

揚餅蕎麦。
単体でうまいものに
単体でうまいものを掛けた場合
お互いの良さを殺しあうことなく
やっぱりうまいの意。

(by ひつじ館長辞典)

『けいぶん社』

すてきな本屋さんがありました。
ふつうの本屋さんでは出会わない
いろんな本に出会いましたよ。
ヘミングウェイの本を買いました。

(by ひつじ館長 読書)

『パンケーキ(らぶ)』

ファミリーなレストランで、
パンケーキを注文すると、
思いもよらぬステキなものに
出会えたのではないかと
館長は興奮しています。
天国にもありそうな気がします。

(by ひつじ館長 恋)

『いつかの旅の日』

旅には何度もスタートがあります。
目的地に向うスタートもありますが、
着いてからのスタートもあります。
いつだって、スタートなんです。

(by ひつじ館長 旅)

『まさかいくらなんでも』

ネーミングはさておき、
館長の好きなものばかりで
美味でしたよ。
真ん中に写っているカニのようなものは
カニです。

(by ひつじ館長 駅弁)

『焼きレーゼ』

これはカプレーゼという料理を
焼いた焼きレーゼというものです。
ものです、というか、だそうです。
信じられないくらいにね
おいしかったんですよ。

(by ひつじ館長 トマト好き)

『影』

大きな影がいました。
じっとしていました。
近くに桜が咲いていたので、
それに見とれてしまって、
ご主人とはぐれたのかもしれません。

(by ひつじ館長 奥)

『つたやさん』

TSUTAYAさんです。
漢字でお目にかかるのは
はじめてでした。
とてもステキでしたよ。
蔦屋さんだそうですよ。

(by ひつじ館長)

『おまけ』

スマイル描いてくれました。
飲み終わりそうなところで
気がつきました。
スマイル、見逃すとこでした。

(by あるコピーライター はっぴー)

『FINISH』

あしたは名古屋という都市で
(主に)女の方が活躍する
マラソンというものがあるそうです。
なんのために?ですって。
それはもちろん・・・・宝石です。

(by ひつじ館長)

『ばらつき』

中身にはバラツキがあります。
広いこころで受け容れますです。

(by ひつじ館長 お菓子)

『コ・コ・ココア』

やっぱりティータイムには
コ・コ・ココアです。
ティーもいいですが、
館長はコ・コ・ココアです。
ええ、ココアです。

(by ひつじ館長 午後)

『ショッピングモール』

お店のいっぱい集まった
大きなお店にやって来ました。
大きな店はなにも売ってませんが
なかの小さなお店には
たくさんのものが置いてあります。

(by ひつじ館長 外出)

『うずらのお鮨』

これは、うずらのお鮨
というそうです。
なんだかズルい気もしますが
おいしんです。

(by ひつじ館長 鮨)

『スクリーン』

これからあの白い場所に
いろんな情報をもった映像が
ある一定時間流れていきます。
人々はそれに、
とても多くの価値を感じます。
けれどその正体は、あの白い壁です。

(by ひつじ館長 映画)

『撮られる人』

撮る人がいれば
それを撮る人もまたいます。
そのとき撮る人は
撮られる人となります。
そしてまたその撮る人も・・・・。
世界は何重にもなっています。

(by ひつじ館長 俯瞰)

『ひな祭り』

ヒナが祭ってあるのかと思いきや
かわいい人間が祭ってありました。
人間のヒナかもしれません。

(by ひつじ館長)

『イツカノナニカ』

いつか撮った、なにかの写真です。
ええ、撮ったのはワタシです。
ただ、写っているのがナニかは
さっぱりわかりません。
まぁ、飾っておきましょうか、ね。

(by ひつじ館長 不明)

『大会社の受付』

ある世界的に有名な会社に
お伺いしました。
受付は、こんな感じでした。

(by ひつじ館長)