2013.02.01 - 02.28

『かめ組のみなさん』

県立地下鉄ヶ丘幼稚園
かめ組のみなさんが、わいわい
そそくさと校舎へと。

(by ひつじ館長 見守目)

『モザイク』

手術して除去した血管の
写真が送られてきましたが
あまりいいものではないので
すてきなモザイクにしときます。

(by あるコピーライター)

『イカナゴノクギニ』

これはイカナゴノクギニです。
この時期になると母親が
「イカナゴノクギニだよ」と
いつもつくってくれて、
ぼくの好物の一つでもあります。
意味はわかりません。

(by あるコピーライター)

『Mのお店』

きらきらしていたので、
テーマパークのようなものかなと
のぞいてみたら、Mのお店でした。
「なるほど。」と思い、
館長はワイン食堂へと向いました。

(by ひつじ館長 続・二軒目)

『終り札』

こういう札があると、
つまり「残念」ということです。
今日は残念な日でしたが、
たのしい仲間といるので
へっちゃらです。

(by ひつじ館長 二軒目)

『金ピカトランプ』

館長はこう見えて
トランプが好きです。
でもなかなか集まることがないので
成長するにつれて機会は減ってきます。
またいつかのように、
ともだちとトランプをしたいものです。
金ピカでなくてもいいですからね。

(by ひつじ館長 追憶)

『ふたつでひとつ』

まんまるのパンが売っていました。
それは見事な球体で、
どうやって焼いたのだろうと
不思議に思って買いましたら
半球のものがセットになっていました。
館長的には、味よりも「まるい」ことが
重要だったのですけれど・・・・。

(by ひつじ館長 丸)

『痕跡』

地面にどなたかの、
お食事の痕跡がありました。
チャーハンでしょうかね。
でも駅のホームはセルフですので
食器はご自身で下げてくださいね。

(by ひつじ館長 駅)

『雪田』

田んぼ一面に、雪が育っていました。
もうじきいっせいに収穫して、
暑い国に持っていくのだそうです。
この時期、雪田農家は大忙しです。

(by ひつじ館長 妄)

『雪化粧』

トンネルを抜けると
いきなり真っ白になってました。
この写真には写っていませんが、
白い丘の上に「極真空手」という看板が
雪に覆われながら立っていたのですが、
確かに強くなれそうな気がしました。

(by ひつじ館長 雪)

『縦横無尽』

縦からも横からも
重要な文章が飛び交っております。
こういうのを、縦横無尽、
というのでしょうね。

(by ひつじ館長 発見)

『土佐の清水サバ』

ずいぶん前にお取り寄せしていた
おいしいサバ(漁師漬け)が
本日クールにやって来ました。
違いました、クールで来ました。
お味のほうはもちろん美味でした。

(by あるコピーライター お取り寄せ)

『空も飛べるはず』

ついに発売したんだと思ってさ、
と友人がいっていました。
机の上に置かれたそれを見ながら
どうかしてるぜ、とも思いましたが、
少しうらやましかったです。
しかも二個持ってました。

(by あるコピーライター)

『ネコ缶でGO』

つまんでみました。
ずいぶんと薄味でしたが、
醤油をかけてみると、案外。
お皿に乗っているのはグミです。
果汁グミはやっぱりおいしいです。

(by あるコピーライター)

『壊れにくい』

昔の機械の方が壊れにくかった。
そういう声をたまに聞きますが、
それはもうシンプルでしたからね、
あらゆるものの動きが。
ガチャコンとスイッチを入れたら、
前、後ろ、前、後ろ、前、後ろ・・・・。
壊れる要素がないですもんね。

(by ひつじ館長 昭和丈夫)

『申し訳なさげですが』

『当店はセルフサービスとなります。
 お買い求めの商品をレジまで
 お持ちください。』
・・・・だいたい、そうだと思います。

(by ひつじ館長 微感)

『メンチ』

どこからともなく、
「メンチ」を切っている音がしたので
見回してみると、こやつでした。
館長が偶蹄目ウシ科だからといって
バカにしているのだなと思い、
「ワン!」といってやりました。
ええ、びくともしませんでした。

(by ひつじ館長 vs食肉目ネコ科)

『寝ぐせ』

こういうものを、寝ぐせといいます。
実際には寝起きの髪ぐせなのですが、
なぜかこの国では「寝ぐせ」といいます。
では、寝ているときのくせはというと、
それは「寝相(ねぞう)」となります。
ややこしすぎてへこたれそうです。

(by ひつじ館長 移民の気持ち)

『絶品イナリ』

すこぶるにおいしいイナリを
おみやげとしていただきました。
「大将、イナリ持たせてあげて」
といって有名な社長さんから
持たせてもらったものだそうです。
小粋とは、まさにこのこと。
と、思いながら完食しました

(by あるコピーライター)

『玉座』

かわいい靴の女王様がいました。
でもこれはなんと、チョコなのです。
チョコレートでできている
かわいい靴だということは、
どっちも好きな女性にとっては、
ヨダレが出そうになるやもです。

(by ひつじ館長 甘味)

『手書きの床』

タイルの床かと思っていたら
なんのその、絵でした。
床が絵だったことは、はじめてです。
で、けっきょく、館長はいま、
ナニの上に立っているんでしょうか。

(by ひつじ館長 足下)

『胴体』

ダックスフントという、
とても胴体の長い種類の犬がいます。
あんなに長いのはおかしいなと
かねてから疑問に思っていたのですが、
やっぱり別でつくってたんですね。
ようやく納得しました。

(by ひつじ館長 組立)

『三番犬』

上からの視線を感じたので
見てみると、見てました。
右の方はどこかの「お父さん」かと
一瞬思いましたが、たぶん違います。

(by ひつじ館長 見上げ)

『チョコレートの季節』

今月の前半から中盤にかけては、
全国的に、あるいは全世界的に、
チョコレートが流行っております。
いろんなチョコの人がいろんなチョコを
「いいぜ」とすすめております。
チョコレートがいつからか、
甘いだけのものではなくなっています。

(by ひつじ館長 味見)

『お顔拝見』

よくお世話になっている電車です。
よくお世話になっている割には、
お顔を存じ上げてませんでした。
見覚えがあるような、ないような。
薄情なものです。

(by ひつじ館長 薄情)

『犬のリバーシブル』

よくよく見てみると、
後ろ(おしり)の方も
なんだか顔みたいに見えませんか?
可愛いというよりかは、
ちょっと不気味ですけれどっ。

(by ひつじ館長 背面)