2013.06.01 - 06.30

『選挙』

もうすぐここにたくさんの顔が
貼り出されます。
けれど悪いことしたわけでは
ありません。
これからいいことをするぞ、
という人たちの顔です。
でも、悪いこともしちゃうかも
しれません。
それは館長は、知れません。

(by ひつじ館長 未だ)

『最新刊』

大好きな漫画の最新刊です。
お仕事で缶詰めなのですけれど
これだけはと思い小雨降るなか
買ってまいりました。
「それほどのもの」をぼくもいつか
生み出せたらなぁと憧れちゃいます。
さてと、読むぜぃ!

(by あるコピーライター 尊敬)

『大衆イタリアン』

館長の好きなお店なのですが
行くたびに電飾がどんどんと
派手になっているような気がします。
景気がいいことは、いいですけれど。
この調子だと年末あたりには
ずいぶん遠くからでも見えそうです。

(by ひつじ館長 電飾)

『Q.』

まさかのクイズ形式でした。
なにですか、なにがダメなんですか。
答えはきっとゴミの中です。

(by ひつじ館長 Q)

『ダンボー劇場』

友人の会社に遊びに行くと
窓辺に小劇場がありました。
とても館長好みの演目でした。

(by ひつじ館長 鑑賞)

『空オーケストラ』

機械から音が流れて、
それに合わせてじぶんが唄う。
そういう場所だそうです。
「最終的にはけっこういい値段する。」
行った人はよくそう呟いているそうです。

(by ひつじ館長 地声)

『キャンパリオレンジ』

なんかちょっとあれです。
いいんです、いいんですよ。

(by ひつじ館長 素敵)

『うにぃくら』

お鮨です。
館長は草食そうに見えますが
こういうものが大好きです。
「うに」と「いくら」を頼むときは
「うにぃくら」と発音します。
「うにぃくら」でだいたい通じます。

(by ひつじ館長 晩餐)

『別誂』

日本が誇るブラシの老舗
「江戸屋」さんの靴ブラシを
購入させていただきました。
ホコリ払い用二つと磨き用一つの
合計三つ頂きました。
「別誂(べつあつらえ)」と
刻印されているのがナイスです。

(by あるコピーライターと馬毛)

『しゃっぶしゃっぶ』

少しまえに久しぶりに
「しゃぶしゃぶ」に行きました。
ぼくはお鍋から席が遠かったので
ぜんぜんしゃっぶしゃっぶすることが
できませんでした。
そのうえお肉がちょっと苦手です。
でもたのしい時間でした。

(by あるコピーライターと牛肉)

『新作?』

右下のプレートには「新作」と
書かれておりますが、
ずいぶんと新しさがありません。
館長のお爺さんのお爺さんの頃から
あるモチーフのようにも思えます。
でも、新作は新作です。
「なにが」かは関係ないのです。

(by ひつじ館長 あっぱれ)

『ペットシューズ』

靴を水槽で飼っていました。
ペットシューズかもしれません。
泡がぶくぶくしているので、
酸素はやっぱり必要なんですね。
館長も飼ってみたいと思いましたが、
やっぱりいいやと思いました。

(by ひつじ館長 不買)

『二人ルパン三世』

ルパン三世の格好をした人が
二人いらっしゃいました。
どちらかは「三世」ではない
という考えかたもできますが、
おそらくどちらの方も「三世」です。
不思議なことってありますから。

(by ひつじ館長 ダブルで)

『つづく日』

お昼にカレーを食べた日の翌日、
一足早い誕生日プレゼントにと
レトルトのカレーをもらった。
家に帰ると、今晩はカレーのようだ。
いつだってカレー日和なのだ。

(by あるコピーライター)

『デイリーリスト』

毎月これを印刷して、
日々チェックをしておりました。
多いことがいいことじゃない。
それに気づくのにずいぶんかかったなぁ。
大事なことは、そんなにないです。
ほんとに大事なことは、ね。

(by あるコピーライター)

『一人会議』

きょうの議題は、
「どう生きるか」です。
テーマが大きすぎて
館長にはてんでわかりませんでした。
ホットチョコレートを飲みました。

(by ひつじ館長 甘党)

『友人A』

館長じゃないですよ。
こちらは友人のアルパカさんです。
いつもお洒落なのですが、
今日はグリーンが効いています。
少し口が歪んで見えるのは
タイミングの問題です。

(by ひつじ館長 会う)

『~>゜)~~~』

「へび」と入力すると
こんな顔文字が表示されました。
いやはや、まったく驚きました。
お陰でもともと書くはずの内容が
ぜんぶ飛んじゃいましたですよ。

(by あるコピーライター 独白)

『お礼状』

届きました。
館長からも、ありがとうございます。
ということは、ウール美術館も
本日で開館二周年になりますね。

(by ひつじ館長 祝)

『引っ込み思案』

なにも見えなくて、
「逆に恐くない!?」と思います。
チキンレースっぽい感じもします。
カメですけど。

(by ひつじ館長 心配)

『ウォマ』

なにかわよくわかりませんが
とりあえず「ウォマ」です。
館長は昔ある小さな定食屋さんで
「ウォゼ」という幻の魚(のフライ)を
見たことがあります。

(by ひつじ館長 親類感)

『団結力』

わかりにくいかもしれませんが、
この画はそう名付けたいと思います。
家族愛、も良さそうですが
顔の似ている他人かもしれないですし。

(by ひつじ館長 合体)

『何の変哲も無い』

本当は別に撮りたかった画が
あったのですけれど、
移動中だったものですから
うまくフレームにおさめることが
残念ながら叶いませんでした。
結果として、何の変哲も無い
という作品になりました。

(by ひつじ館長 失敗)

『夢の共同生活』

どうですか、こんな家!
こんなリビングルームは!
いいでしょう、夢のようでしょう!
爬虫類が大好きなあんさんよ!!
と言われたのですが、
館長は大丈夫な感じでした。
「あ、大丈夫です。」といいました。

(by ひつじ館長 結構)

『解体ショー』

マグロという魚を人前で
「解体」するという見世物が
ありました。
手際よくバラバラになっていって
「おおっ」という歓声があがりました。
残酷じゃない感じが見事でした。

(by ひつじ館長 魚屋)