2013.07.01 - 07.31

『事後』

おいしいお鮨をいただきました。
事後報告ですみません。

(by ひつじ館長 夢中)

『カレー洗脳』

なんかちょっと恐いカレー屋さんを
別の角度から見るとこんなです。
やっぱり、少し、腰が引けます。

(by ひつじ館長 続・看板)

『For YOU』

え、そうなんですか。
と思いましたが、正直なところ
じゃっかんの恐さもあったので
今回はご遠慮しておきました。

(by ひつじ館長 看板)

『緑の扉』

なんだか素敵そうな世界への扉が
緑のなかに埋もれていました。
けれど鍵がえらく厳重で、
館長にはその資格がなさそうでした。

(by ひつじ館長 無理)

『非売品』

丸いのが一般的ですが、
四角いのやらハート型のやら
最近はいろいろなのが
出ているみたいです、スイカ。
これはピラミッド型でした。
館長としては、形よりも
おいしいほうがいいんですけどね。

(by ひつじ館長 味派)

『予約席』

小さなお店の小さな椅子に
ちょこんと予約のしるしが
置いてありました。
あとでここに座る人たちが
なんだか少しうらやましかったです。
館長も次は予約してみようと思います。
カフェラテのおいしいお店でした。

(by ひつじ館長 休息)

『CATS』

あれ、おっと、ちょっと君、
いまキャッツみたいになってるぞ。
いいなぁ、うらやましいなぁ!
と姉に言われたので写真を撮ってもらうと
なんだかほんとにキャッツみたいでした。
姉は終始うらやましがっていました。

(by あるコピーライター)

『なびくなにか』

本場TOKYOのゲリラ豪雨に
はじめて遭遇しました。
ぼくはぎりぎりのところで
避難することに成功しましたが
失敗している人も大勢いました。
右上のなにかもすごくなびいてます。

(by あるコピーライター)

『JAZZ』

人通りのまったくない道端に、
なんだかとてもジャズなものが
特に深い意味もなくありました。
個人的にジャズ通りと呼ぶことにします。

(by ひつじ館長 J)

『へぎ蕎麦』

とても食べやすいお蕎麦で
とてもおいしいお蕎麦を
天ぷらと一緒にいただきました。
「へぎ蕎麦」というのだそうです。
材料に「へぎ」が使われてるのではなく
お蕎麦の容れ物が「へぎ」だそうです。
なんいせよ、へぎバンザイです。

(by ひつじ館長 満足)

『ひまわり当番』

家にあたらしくやってきた犬です。
夏の「ひまわり当番」に任命しました。
冬になると別の事を頼もうと思います。
とてもよくやってくれています。

(by あるコピーライター 下宿生)

『待ち時間』

紅茶をいただきました。
それはいいのですけれど、
それはいいのですけれど。

(by あるコピーライター)

『落し物』

ゴム手袋の落し物がありました。
ここにそれを提示してくださった方には
「よくマグネット持ってましたね賞」を
館長からお贈りしたいと思います。

(by ひつじ館長 磁力)

『黒塗り』

ネパールビールが恐すぎる。
それ以外に言うことはありません。
頼む気もありません。

(by ひつじ館長 メニュー)

『出口座』

これは出口座です。
夕方の閉館の頃に現れます。

(by ひつじ館長 プラネタリウム)

『映星機』

プラネタリウムに行きました。
そこでは一時的に夜になるので
まあものすごく眠くなりました。
実際に夜だと思って寝ている人も
見渡すとたくさんいました。
星がきれいでした。

(by ひつじ館長 夜空)

『上からパーティ』

立食のなんだか愉快そうな
オトナの集まりがありました。
館長はひつじなので
上からそっと見ていました。

(by ひつじ館長 二階)

『卓上タイプ』

少しわかりにくいかもしれませんが
「アイホン」です。
押すと、アジア風の店員さんが来ます。

(by ひつじ館長 ぷっしゅ)

『梅雨の抜け殻』

見つけました。
ずいぶんと低いところにいましたが。
まだのところもあるそうですが、
この街の梅雨はもう飛び立ったようです。
また来年会いましょうです。

(by ひつじ館長 夏)

『コンサート』

西洋の週末のような
あたたかいコンサートでした。
途中で紅茶もいただきました。
「ケーキもどうぞ」と渡されたのは
館長にとってはパンでした。

(by ひつじ館長 夕べ)

『なぞめいている』

この国はどんどんよくわからに方向に
舵を切っているような気がします。

(by ひつじ館長 雑感)

『つま先職人』

いつ頃からか革靴のつま先を
ピカピカに光らす技術を得ました。
まだまだなところもありますが、
この度は「つま先職人」の名を
勝手に拝命したいと存じます。
有り難うございます。

(by あるコピーライター 技)

『かき氷の夏』

館長は断然いちごミルクです。
氷はふわふわ派です。
練乳は多めがいいです。
中にバニラアイス入りも好きです。
館長の夏がやってきました。

(by ひつじ館長 納涼)

『風はどおこやら』

駅に風鈴がありました。
チリンチリン揺れていました。
風の音です。
少しだけ、涼しくなりました。
もう七夕なんですね。

(by ひつじ館長 夏)

『キタッラ』

ギターはイタリア語では
キタッラといいます(たしか)。
昨日の荷物の中身はイスですが
こんなものもやってきました。
仲良くしていきたいと思います。
でも、まず、ピックがない。
そして、弾く予定の歌もない。
でも、音楽のある人生はいいなぁ。

(by あるコピーライター)

『満タン』

玄関にしては大き過ぎる荷物が
届いてしまいました。
荷物を受け入れた時点で、
配達員さんとぼくとの間には
越えがたい壁ができてしまいました。
ハンコを押す手がとどきません。

(by あるコピーライター)

『見栄え』

見てくれは大事です。
どうしたって印象の根源は
目からの情報になってしまいます。
こいつはなかなかカッコいいです。
中身があるかは、それからです。

(by ひつじ館長 目)

『親の願い』

「息子達にいいお嫁さんが
 きます用に。」
というこの親御さんの願いが
叶いますように。
館長にとっては息子達よりも、
そっちのほうが成就してほしいです。

(by ひつじ館長 短冊)

『夏ドリンク』

この季節になってはじめての
抹茶フラペチーノを飲みました。
夏が来たなぁという感じがします。
喉が乾いて飲めば飲むほど
何かが飲みたくなるのも一興です。

(by あるコピーライター)

『浜名湖産』

浜松にうなぎを食べに行きました。
浜名湖というところに、
ずいぶんといるのだそうでした。
どこもかしこもうなぎでしたが
一部「ぎょうざ」のところもありました。
うなぎうなぎうなぎうなぎぎょうざうなぎ
くらいの感じでした。
とてもおいしかったです。

(by ひつじ館長 うな重の上)