2013.08.01 - 08.31

『ス』

食べ終わったあとのお皿に
「ス」ということばがありました。
これはなにを意味しているのかしらん。
少し走っているようにも見えますし、
ちょっとたのしそうでもある「ス」です。

(by ひつじ館長 メッセージ)

『ホットドッグ』

切り目の入ったパンに
ウインナーを挟んで食べる。
これだけのことなのに、
この組み合わせを発見するまでに人類は
数百年以上もかかったそうですよ。
気づかないもんですねー、こういうの。

(by ひつじ館長 意外)

『体を冷やす』

旬の食べものを食べると
体にいいということは、
なるほどと思えることなのですが、
人間のためにすべてがあるわけではないのに
どうしてそんなに有利なのかしらんと、
少し思ったりもする館長です。

(by ひつじ館長 羊代表)

『恐竜と今日』

誰かを待っているようでした。
たぶん、同類の方なのでしょう。
彼はキタノザウルスだそうなので、
順当に考えればミナミノ・・・・ですが
いやはや、どうなのでしょう。

(by ひつじ館長 客観)

『はじまり』

これから晩ご飯です。
今日の調理器具はこやつです。
大阪の人ですからね、
もちろんマストで持っております。

(by あるコピーライター)

『カラフルなおじさん』

なんとなく目に入ったので
いちおうおさえておくことにしました。
今後ビッグになっているか、
あるいは相当なワルになっているか、
という気がするようなしないような。

(by ひつじ館長 おじさん)

『食べられます』

ガラスケースが反射して
少し鑑賞し辛いところがありますが
すばらしいカジキです。
これ、なんと飴細工だそうです。
誰も食べない前提で作ってますが
その気があれば食べられるそうです。
ある意味で食品サンプルです。

(by ひつじ館長 鑑賞)

『見上げれば』

ふだんは正面しか向きませんから
まったくもって知りませんでしたが、
館長のよく行く映画館の天井は、
こんな照明をしていました。
とてもいい感じです。

(by ひつじ館長 初見)

『佳境』

なにやら出し物がありました。
パイプ椅子をいろんな方向に積み上げて
ひじょうにバランスの悪い一番上に、
お姉さんがしゃがんでいました。
たぶんこれから立つのだと思います。
さぁ、成功するか!?
というところで館長は帰りました。
少し気になりましたが、明日には
自然に忘れていると思います。

(by ひつじ館長 印象)

『水の瓶詰』

めずらしいものが出てきました。
中身は極めてふつうなのですが
やっぱり外観は大事です。
どこか印象を変えます。

(by ひつじ館長 印象)

『絵日記』

木の根本にビデオのリモコン。
そんな変わらない日常の1ページ。

(by ひつじ館長 普段)

『お祭』

大須通という通りでなにやら
お祭をやっておりました。
道路をいろんな人たちが歩くやつです。
打ち水とかもやっていました。
でも屋台の熱気で相殺でした。
お祭って、どっち側が参加者なんだろ。

(by ひつじ館長 夏中旬)

『違う子』

いつも乗っている特急電車が
お盆のために満席になっていたので
一つ後のにしてもらいました。
そしたらずいぶんと見た目が違いました。
それだけのことなんですけどね、
なんとなく変な気分です。

(by あるコピーライター 2階建)

『それでいいのか』

美意識やセンスはそれぞれですが、
腕時計は腕に収まったほうが
いいのではないかしらん。
これも古い価値観なのかしらん。
腕からはみ出ることをウリにされたら
腕からはみ出ないほうがいい館長は
どうリアクションすればいいのかしらん。

(by ひつじ館長 デカイ)

『すわらないでください』

座らないでくださいので座り方が
どうにもおしゃれすぎました。
その座り方以外の方が多そうですが。

(by ひつじ館長 禁止例)

『だいぶ動く』

ずいぶん都会的なところに
恐竜がいらっしゃいました。
ずいぶんよく動きます。
館長は恐ろしさのあまり
これ以上近づけませんでした。
人間の子どもはもっと動いてました。

(by ひつじ館長 恐竜)

『ロケットパンチ注意』

また、めずらしい案内を発見しました。
たぶん「ロケットパンチ注意」です。
ここの辺りにいる人は、おそらくこうして
腕を飛ばしてきたりするのだと思います。
残念ながら、館長が見渡すかぎり
対象になるような人はいませんでした。

(by ひつじ館長 腕)

『犬キャッチOK』

めずらしい案内を発見しました。
これはたぶん「犬キャッチOK」です。
ここの辺りにいる犬は、おそらくこうして
ガシッと捕獲してもいいのだと思います。
残念ながら、館長が見渡すかぎり
対象になるような犬はいませんでした。

(by ひつじ館長 犬)

『真ん中を囲む』

最近はこういった真ん中で調理して
そこをぐるっと囲む感じにカウンター
という形式のバル(?)が人気だそう。
じぶんのを調理してくれてると
わくわくしながら見てて違う人のだったら
残念と同時に恥ずかしい感じがします。

(by あるコピーライター)

『ジェラート』

唯一イタリア(人?)に認められた
イタリア菓子のお店というところに
連れていってもらいました(in東京)。
これはそのお店の上がパリパリで
中がプリンのプリンです。
バリバリしてておいしかったです。

(by ひつじ館長 食感)

『ナニー』

1つのときはパニーノ。
2つ以上ならパニーニ。
この場合は・・・・ナニーノ?
ん? ナニーニ??

(by ひつじ館長 謎)

『洗い屋さん』

室内の空調設備の掃除を
されていました。
彼らを「アライヤさん」というそうです。
アライグマさんとはまた別の家系です。

(by ひつじ館長 初見)

『読書の季節』

ずいぶんと長い休眠期でしたが、
またぼくの生活が読書の季節に
入っていきました。
読むスピードはとても遅いですが、
がんがん読んでおります。
ぐんぐん入ってきております(たぶん)。
久しぶりなので、たのしいです。
理由もありますしね、いいぞいいぞ。

(by あるコピーライター)

『ペコリーノ』

ヤギのチーズはペコリーノです。
これはペコリーノを使ったという
なんとかだといっていました。
たしかにそういわれてみると
ちょっとヤギの匂いがする気がします。

(by ひつじ館長 ヤギめ)

『あちゃー』

全日本「あちゃー」選手権決勝。
左は明るくおでこをコテンと打つタイプ、
右は押し付けて悲壮感を出すタイプ。
むむむ、どちらも演技力があります。
けれど館長ジャッジでは、右かなぁ。

(by ひつじ館長 特別審査員)