2014.03.01 - 03.31

『スマイル』

小さなハッピーは
いろんなところに落ちています。
誰かがそっとくれたものを
見逃さずにたのしめる羊で
ありたいなあと思います。

(by ひつじ館長 ハッピー)

『ガガガがが』

宿泊したホテルの隣が
開発中でございまして
ものすごい音でございます。
でもぼくは気にしません。
そういう図太さもあるんです。

(by あるコピーライター 工事中)

『I'm back!』

ぼくの過している街は
ずいぶん暖かくなってきました。
ということで、ただいま!
抹茶フラペチーノ!

(by あるコピーライター 好み)

『2円切手』

4月からお手紙の切手代が
82円になるそうなので
手に入れました2円切手。
こんな図版だったんですね。
ウサギさんもいいですが
館長的には羊さんがよかったです。

(by ひつじ館長 端数)

『イカノスミニ』

という名前の料理だそうです。
「イカの隅に・・・」
なんともつづきが気になります。
美味でございました。

(by ひつじ館長 黒羊)

『らぽっぽっぽ』

お芋が好きです。
甘いのをそのままもいいですが
こういうのも大好物です。
うふっふっふ、らぽっぽっぽ。

(by ひつじ館長 芋たこなんとか)

『三足三色』

靴磨きをするたびに
知らないうちについている
小さなキズに気がつきます。
きっとぼくらもそうやって
成長しているのでしょうね。
ちっちゃいことは気にするな、です。

(by あるコピーライター 靴好き)

『退屈』

フィンランドに行った友人から
こんな写真が送られてきました。
ただうらやましいだけで
ちっともたのしくありません。

(by ひつじ館長 卑屈)

『謎深きメモ』

家のリビングでこんなメモを
発見いたしました。
母親のものに違いなさそうですが
いったい何を意味するのかしらん。
ぼくにはてんでわかりません。

(by あるコピーライター)

『壁画画家』

ともだちの描いた絵を
見に行きました。
せいかくには行ったらあった
のですけれど。
いろんな場所に知っている人の
生きている証を見るのは
たのしいことです。

(by ひつじ館長 キッズフロア)

『天ぷらぷら』

ふだん家では「揚げ物」をしないので
たまにコロッケや天ぷらといった
からっとしたものを食べたくなります。
生でも食べられるような新鮮なものを
衣をつけて揚げちゃう。
それもまた贅沢な話です。

(by ひつじ館長 食)

『残念ながら下から』

あべのハルカスに行きました。
展望台をたのしみに行ったのですが
悲しいことにこのざまでした。
4月以降に再トライしようと思います。

(by ひつじ館長 無念)

『近過去』

明石焼きを食べていたところでした。
食べる前に撮るつもりだったのが
気づいたらもう痕跡だけでした。
おいしかったところでした。

(by ひつじ館長 関西)

『国立国際美術館』

たまに思い立って「えいや」と
美術館にまいります。
そしていつも思いのほか
割高感のあるチケットを買います。
けれどそれなりに満足感はあります。
作品展に対してもですが、
じぶんのとった行動にもです。

(by あるコピーライター)

『ローテク』

最先端のビルの入口に
最先端感ゼロのアイディア作品が
置いてありました。
暖かい風を送るシステムです。
しかもちょっとボロいです。
でも、嫌いじゃないです。

(by ひつじ館長 熱のバリア)

『あまやかしうどん』

かすにあげさんに月見です。
ねぎとしょうがはもちろんで。
あまやかしまくっております。
ふだんそんなに食べないからこそ
食べるときはあまやかします。

(by ひつじ館長 夜食)

『サクラノカード』

いただきました。
春のにおいがします。
コーヒーではないものを頼み
なんとなく申し訳ない気がします。

(by ひつじ館長 桜)

『漫画と珈琲』

うどんアイス。
別にそんなことしなくても
と思ったりもしちゃうのだけれど
じぶんの好きなものは
他の好きなものと合体させたい
その気もちは館長もわかります。

(by ひつじ館長 合体)

『知ってた?』

「青のり」は海のもので
「あおさ粉」は川のもの
なんですって。
お好み焼き屋のおばちゃんが
教えてくれました。

(by ひつじ館長 QA)

『ニコ』

ひとりで一個食べるのと
ふたりで二個食べるのと
ナニが違うのかといわれると
ナニも違わないような気もしますが
ひとりで一個食べるより
ふたりで二個食べるほうが
ずっとうんと美味しいです。

(by ひつじ館長 不思議)

『女の子の日』

館長はオスですから
祝われることはないのですが
一緒になって「おめでとう」と
思います。
女の子、おめでとう!

(by ひつじ館長 楽観)

『花魁(おいらん)』

金魚を観てきました。
ずいぶんと並んでいましたが
あれよあれよという間に
ここまで辿り着きました。
ふつうのが一番可愛いです。
さすが観賞魚、きれいでした。

(by ひつじ館長 対サカナ)

『黒い子』

靴を磨きました。
とてもいい具合に仕上がりました。
いまの生活だと、これくらいの数が
きちんと面倒を見られる限界です。
そして、ぼくにはそれで充分です。
できるだけ永く一緒にいたいなあ。

(by あるコピーライター 靴愛)