2014.04.01 - 04.30

『お互い小さい』

人がアリンコみたいだといよりも
館長がミジンコみたいな気分です。
クルマは磁石で動いているみたいで
可愛かったです。

(by ひつじ館長 ミニ)

『黒い料理』

イカスミのカレーです。
なんじゃこりゃなのですが
とてもおいしいのです。
館長は一定のペースで
イカスミを摂取したくなります。
生前なにかあったのかもしれません。
書道家だったとか。

(by ひつじ館長 定期)

『UP300』

ここから先は地上300Mだそうです。
すっごいなーと思っていましたが
海はもっとも深いところで
水深11000Mもあるのだそうです。
比べものになりません。

(by ひつじ館長 陸族)

『リス組』

館長の頭上をすーっと
すごいスピードでリスの方々が
通っていきました。
どこかで見たことのあるリスたちです。
今度はゆっくり会いたいです。

(by ひつじ館長 頭上)

『ハルカスにオルデス』

あべのハルカスという場所に
行っているところを
撮られていたみたいです。
無言で送られて来たのですが
相手の要求は何なのでしょう。

(by あるコピーライター)

『ある一家と彼女』

歩いていたら偶然出くわしました。
ふだんは谷にいるそうです。
館長は「谷」という場所を
そういえばきちんと意識して
訪れたことがない気がします。
ちなみに、北欧の方の谷らしいです。

(by ひつじ館長 遭遇)

『張り紙』

完全に閉店でした。
1分の、1秒のすきもなく
完膚なきまでに閉店でした。

(by ひつじ館長 残念)

『ゆるい方たち』

どこかで見たことがあるような
ないような人(?)がいたので
つい撮ってしまいました。
胸に誇らしく「崎」と刻まれていて
少なくない決意を感じます。

(by ひつじ館長 誰)

『ビューン』

館長はいまワープ中です。
ちょっと噓ですが、
ちょっとホントです。

(by ひつじ館長 異世界)

『脱皮』

わかりにくいかもしれませんが
ヘビの抜け殻です。
はじめて出会いました。
あるんですね、実際。
若干の身の危険を感じます。

(by ひつじ館長 非捕食者)

『小学校の前』

昔「チューリップ・バブル」
というものがありました。
チューリップの球根一つが
家の値段以上になったのです。
世界で最初のバブルです。
今の若い人は知らないんだろうなぁ。

(by ひつじ館長 遠い目)

『ウェルカムボード職人』

いつもグレートなおもてなしを
してくださる会社があります。
毎月訪問させていただきますが
いつだってすてきな気分になります。
いつも以上に「がんばらせちゃう」
それもすごい対人スキルです。

(by あるコピーライター 技術)

『脳内鑑賞』

イヤホンをする文化が定着してから
音楽は聴くというよりも
その「世界に浸る」という感覚に
近くなってきました。
もはや頭の中で直接鳴っている。
このイヤホンはシンクロ率が
すごく高くて感動いたしました。

(by あるコピーライター 文化)

『オススメシネマ』

物語というものは「今」という
時代を映し出す鏡でしかないのだ。
そういう点から観ると
とても意義深い作品に思われました。

(by あるコピーライター 鑑賞)

『過密スケジュール』

分単位で予定をびっしり詰めて
その通りにこなせると
それなりに満足感があるのですが
真っ白の状態で好きにできる
ということの方が、
やっぱり時間リッチです。

(by あるコピーライター 飽き)

『急遽名古屋へ』

いつでもどこででも
仕事ができるということを
忘れておりました。
ということで名古屋でしまう。
3時間で帰るけど。

(by あるコピーライター 弾丸)

『お世話になってますバス』

ほぼ毎日のペースで
お届けいただいている商品を
載せていると思しきバスを
発見いたしました。
あるいは乗っているのは
その商品に関わっている「人」
なのかしらんね。
可愛さの中に不気味さがあります。

(by あるコピーライター)

『徒歩圏カフェ』

気分転換にカフェに来ました。
少しずつ珈琲というものが
飲めるようになってきました。
テーブルに空が反射していて
とても愉快な気分です。

(by あるコピーライター)

『高いたかい』

地上約300メートルほどからの
景色だそうです。
いや、「景色だそうです」は
おかしいですね。
地上約300メートルの高さは
年収300億円くらい感覚が曖昧です。

(by ひつじ館長 展望台)

『いつの間にか行きつけ』

東京駅の八重洲口を出たところに
おいしい鶏のお店があって
前回行ったので今回も行きました。
なんだかこれからも行きそうです。
つい安心感を求めてしまいますが
開拓欲も失わずにいたいものです。

(by あるコピーライター 昼)

『エチオピア産』

ものすごくいいコーヒーだ
ということでいただきました。
「コーヒーじゃないみたいですよ!」
といわれて飲んだのですが、
ぼくには完全にコーヒーでした。
コーヒー音痴ですみません。
たぶんおいしかったです。

(by あるコピーライター 挑戦と失敗)

『中速』

新幹線で首都へ向かっています。
いま高速で名古屋を通過しました
といいたいところですが
まさかの「こだま」なので
感じとしては中速くらいです。
でもずっとゆっくり景色を見ながら
文章を書いていられるのでよいです。

(by あるコピーライター 出張)

『白』

なにか見えますかね。
ぽつぽつと白いのが。
そうです、それがアヒルです。
もしくはガチョウです。
館長もよくわからないんです。

(by ひつじ館長 なにか)