Archive 2015.04.01 - 04.30

『苺の季節』

タカノフルーツパーラーさんが
こっそりとお気に入りなのです。
どの季節に行っても旬のフルーツで
楽しませていただいております。
そういえば去年は「枇杷(びわ)」は
ここで食べたっきりだなぁ。

(by あるコピーライター)

『特上』

そんなに滅多に来ることないぞ
ということで、一番いいの頼みました。
ええ、ええ、そりゃぁ旨いさ。
ただね、すごく多いのさ。
ご飯とご飯の間にもまだね
わんさか鰻さんがおりますさ。
量的に並で十分だと思い知りました。

(by あるコピーライター)

『街の銅像(後半)』

「え、私がやるんですか?」の像。

(by ひつじ館長 町並み)

『街の銅像(前半)』

「あなたがやりなさい」の像。

(by ひつじ館長 町並み)

『ほっと』

ホットとクールが半分半分
恋しくなる季節です。
ホットがいいなぁと思う矢先に
クールもいいなぁと思います。
得ることは失うことなり。

(by ひつじ館長 羊哲学)

『ボタンの付け替え』

1センチ袖のボタンを内側にしました。
これだけで、ずいぶん着心地が違います。
どう見えているのかわかりませんが、
こう見えて洋裁は得意なのでございます。

(by あるコピーライター 手芸)

『ガラス一枚越し』

たぶん蜂……の方だと。
すごい恐いのですけれど
バリアーがありますから。
こんなに近づいてやりました。
でも、少しでも動いたら
びくってなります。

(by ひつじ館長 接近)

『トリプル』

今朝コンタクトレンズを
いつおどおり装着しようと
ケースを開けましたら・・・
なんと3枚入ってました。
2枚は聞いたことがあるけども3枚て。
目、2つですから。目。

(by あるコピーライター 1day)

『小旅行』

ちょっと名古屋へ。
髪を切ってきました。
さっぱり、さっぱり。
近鉄のアーバンライナーは
なかなか仕事がはかどるです。

(by あるコピーライター)

『ごきげんよう』

カンヅメ、ってわけじゃないんですけど
ここのところずっと家におるのです。
ひたすら文章を書いております。
故に写真がないので描きました。
少し前にペンタブレットを買ったのです。
絵の賞状、昔はいっぱいあったんだぜ。

(by あるコピーライター)

『シメにご飯を』

元祖めんたい煮こみつけ麺は
こんな感じでした。
最後にご飯を投入して
明太子を根こそぎいただきます。
・・・と思ってましたが、
ぼくの胃袋には多すぎました。

(by あるコピーライター)

『テレビの』

影響力というものは、
やっぱりなかなかのものです。
前に番組でやっていたので
少し遠かったのですが行きました。
「きっかけ」はテレビから。
今なおその力は健在です。

(by あるコピーライター 雨)

『なんでしょう?』

これの呼び方でどこ出身か
けっこうわかるそうですね。
ちなみにぼくは「大判焼き」です。
つまり出身は、そういうことです。
あなたは・・・違う?

(by あるコピーライター)

『咲いてます』

気づいたら満開。
三分咲きとか五分咲きとか
話には聞きますけれど、
いつも気づいたら満開です。
あと何回見られるでしょうね。
満開ね。

(by ひつじ館長 春)