サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。


  1. 最近の記事
  1. おやゆび便り

ふるいに

元の鞘ではないけれど、「カシミア」をまた昔のように、最初期のようなデザインに変更したい(戻したい)欲がでてきた。一番の理由は書いたものすべてが残るとい…

  1. おやゆび便り

ほどけて

ゲームをしているとき、ぼくはゆっくりと溶けている。溶けだすと慣性の法則がはたらいて溶けつづけるのをとめられなくなる。気もちはいいのだと思う。時間も一緒…

  1. おやゆび便り

過去の人同士

ぼくは夢で会う人たちがけっこう好きで、明け方のやけに鮮明な夢を実は人生の「たのしみ」ともしています。今朝も久しぶりの人に会いました。元気そうでなによりで…

  1. おやゆび便り

一段上の人

偉そうなことを言うのではなく、少し、一段でもいいから、高い場所からものを言う。それが「弱者」にできる最大限の主張のかたちなのだ。ということを、昔ぼくは…

  1. おやゆび便り

恋の効能

恋をしていると、人生はシンプルになる。恋に悩まされたり苦しんだりわけがわからなくなってしまうから、なんだか複雑になる気もするけれど、今になって振り返れば…

  1. おやゆび便り

スライム魔法

ぼくの両親はいわゆるギャンブルをしない。パチンコやスロットや競馬や競艇を、あるいは賭け麻雀や賭けゴルフなんてのも。そもそも麻雀もゴルフのやりかたすら知ら…

  1. おやゆび便り

裸のことば

言い切ることばには力がある。ほんとうに「たしかなこと」なんて、そうそうありはしないのだから、何らかの根拠をもって言い切らなければいけないときもある。…

  1. おやゆび便り

もう少し生きる

点数をつけたいわけじゃない。それでもぼくは今日がどうだったのか、うまくやったのか、それとも怠けてうまくやらなかったのか、それを知りたいと強く思う。でき…

  1. おやゆび便り

誰の太鼓か

生活リズムというものが、ぼくはどうにも苦手でありまして、高校生の頃に少しばかりダンスをやってはおりましたが、この生活リズムというもののリズムだけはうま…

  1. おやゆび便り

リスクの教訓

迷ったときは、よりリスクのある(高い)方を選ぶ。いろいろな本にそういうことが書いてあったものだから、エイヤッと(嫌々)そうしてきたけれど、そうしてきて…

PAGE TOP