ESSAY

2011-08-11

二度目の人生。

人生をね、やりなおしたいと考えてみたこと、だれしもないわけじゃぁないと思うのです。もしあの頃に戻れたら、(もっと)こうしようとさ。「後悔」みたいな積極的な感情ではなく、こういう生き方もできただろうなぁなんていう、「無念」にちかい余ったエネルギーがね、あるんじゃないかと思うのです。

で、もし、いま、過去に戻れるとしたら、どうですか。面倒くさいって人もいれば、そんな大チャンスをムダにはすまい、という方々もいらっしゃることでしょう。

いまが、実は、そうなんです。

……という、感じで、生きてみましょうか。なんてことを、きょうはふと考えていました。つまりこういうことです。

設定はシンプルです。

いまから10年後、あなたは深く考えていました。じぶんの人生に、後悔……は、ない。必死とはいわなくとも、それなりにやってきた。でも、もしいま10年前に戻れたら、もっとちがう「いま」だったにちがいない。それはやっぱり、ちょっと、うらやましい。いまさら遅いけど、できることなら、そういう人生が、よかったなぁ。と、そう思っていました。

あなたのそんな考えを、たまたま知った神様は、あなたにチャンスをくれました。「いいでしょう。10年前に戻してあげます。もう一度だけ、チャンスをあげます。」それが、いまのあなただとしたら、どうですか? なに、しますか?

10年後のじぶんが、過去をやりなおすために、いま生きてるとすれば、どんなきょうを過すだろうか。

そんなことを、考えていました。そしてその答えは、いまのじぶんの行動とは、もう少しちがってくると思ったのです。だからぼくは、そうしようと思いました。

大切なことを大切に、そういうことになると思います。

イデトモタカ