ESSAY

2011-12-02

疲労の理由。

おもしろいことに気づいたんだけど、あのさ、別のこと考えてるから、疲れるんだよね。

ある人がそんなことをいいました。ぼくは考えたことのないテーマだったので、「ほお?」っと、不思議がることしかそのときはできませんでした。ところが話を聞いていると、なるほどそのとおりだと思ったんですね。

大好きなことをしているときや、やりたいことをしているときは、ぼくらは「はぁ、疲れたなぁ」と、ネガティブな気もちになることはありません。これはどうしてかというと、「好きだから」なのではなく、「集中しているから」なのだというのでした。

でも、この発見はとても偉大だとぼくは驚きました。好きだから疲れないのではなくて、集中しているから疲れないのだとしたら、好きじゃないことでも、あまりやりたくないことでも、100%集中しているならば、「疲れない」ということになります。そしてね、実際にそうなのだと思うのです。

例えば、小学生のときの掃除の時間に、嫌だなぁ、面倒臭いなぁと思っていると、すごくこころも体も疲れます。でも、おなじを作業をしないといけなくても、なんにも考えずにぼーっと、ある意味で無心になってやっているときは、案外他の人の何倍も動いていたりするのですが、結果としては、終った後に疲労感もないんですよね。

つまり、「はぁ、疲れたなぁ」となるときは、はっきりいって、相当に他のことを、もっといえば、余計なことを考えている、考えながらやっているときなんですよね。そういわれちゃうとね、うん、ぼくなんかはものすごく思い当たるふしでいっぱいでございますです。

他のことを考えてるから、疲れるんだ。これは、最近の大きな気づきでした。

イデトモタカ