ESSAY

2012-05-31

手を抜いた方が。

なにをするにも一生懸命な人がいたので、思わず感心して云いました。「いつも、一生懸命ですね。」すると彼は笑顔でこう応えてくれました。「手を抜いたほうが、疲れるんです。」なるほど、とぼくは思いました。

じぶんのこれまでをふり返っても、そのことばは、たしかそうでした。手を抜いても、一生懸命やっても、けっきょくそれにかかる時間って、変わらなかったりするものです。その事実に対し、だったら、全力でしよう、と思う人と、だったら、手を抜いてしよう、と思う人と、それはそれぞれなのだと思うのですが、彼はさらに「はっ」とすることばをぼくに教えてくれました。

「手を抜いたほうが、疲れるんです。だから、一生懸命してるんです。でもそういう理由以上に、手を抜くと、じぶんやっていることがなんだか急に「つまらないこと」に思えてくるんです。それは、嫌なんです。」

いま目の前のやるべきことにしても、ずっと続けていることにしても、手を抜いた途端、そのことが、つまらないことのように感じてしまう。ぼくは直感で「そうだ!」という気がしました。

カシミアにしたって、たぶん手を抜いた途端に、「つまらないこと」をしている気分になることでしょう。せっかくやっているのに、それは、ヤだもんねぇ。

いま取り組んでいること、いまやるべきこと、ずっと続けていること、そういうものをあらためて、一生懸命やってみようと思います。「つまらないこと」をしている人生なんて、それこそ絶対、ヤ、ですもんねぇ。

イデトモタカ