ESSAY

2012-12-06

風通しよく。

人を迎え入れられる家は、風通しがいい。だれでも、いつでも、来ていいよ。だれでも、いつでも、泊まってけ。そのことばが嘘じゃなく、ほんとにそういう家ならば、それはものすごく「ナイス」なことだ。

運(うん)は人が運んでくる。お金も人がもっている。チャンスもだれかが握ってる。知恵や情報もだれかの頭の中にある。それらをいつでも自由に迎え入れられる家というのは、やっぱり栄えてしかり、なのではないか。

家に来られては困る。泊まっていくなど、滅相もない。とても人に見せられたものじゃない。そういう家は、やっぱりいろんなものを、滞らせてしまうのではなかろうか。常に新しい空気の入らない場所は、流れから取り残されている場所は、やがて濁っていくものなのだ。

風通しがいいということは、他に代えがたい財産だということを、無料でつくれる資産なのだということを、あらためてこころに刻んでいても、いいと思う。

運がない、お金がない、チャンスがない、知恵や情報が入って来ない、そういうときはまず、あなたの暮らしている場所の、ほとんどの時間過している場所の、風通しをよくすることからはじめてはいかがだろうか。

イデトモタカ