ESSAY

2013-05-24

積極的に嫌いになれない人。

じぶんを好いてくれている人のことを、積極的に嫌いになるのは、なかなかむつかしいことです。つまり、逆もしかり、なんですよね。

あ、じぶんはこの人から好かれているな、好感をもって接してくれているな、ということがわかることがあるでしょう。その推察が確信的にせよ、なんとなくにせよ、じぶんのことを良く思ってくれている人を、こちらから嫌うことは、こころから嫌うことは、少々思うところがあったとしても、特殊な事情を除いてはできることではないだろうと思うのです。無慈悲なまでに嫌ったり、避けたり、敵にまわるのは、ずいぶんとむずかしいぜ、と。

ということは、じぶんがそうであるならば、きっと相手にしたって、どこかの誰かにしたって、似たような気持ちだろうと考えられます。じぶんが積極的に、媚びへつらうのではないけれど、あなたのことが好きですよ、という目で、耳で、口で、態度でいたならば、そうそう簡単に嫌いになられることは、不快に思われることは、ないと思っていいはずです。

恋愛、という(特殊な)状況においてはその限りではないのかもしれませんけれど、一般の人付き合い、世渡りというゾーンの話でいえば、ぼくはそうだと言っていい気がします。

そういえば詐欺にあった人というのも、あれは詐欺だったとわかってからも、いや、でも、あの人はいい人だったから、と、相手を庇うことが少なくないそうです。それはその詐欺師が相手を騙す目的とはいえ、ずいぶんと「好意」を示していたがゆえであり、そのときに受け取った感情や態度というものは、そうそう簡単に「無」になることはないのでしょうね。ぼくにはそう思われます。

アランは『幸福論』で、「上機嫌でいることが、一番の療法だ」というようなことを書いておりましたが、いつも誰に対しても上機嫌で、とりわけ好きな人にはきちんと好意を示す、をされたならば、この世はずいぶんと生きやすくなり、またじぶん自身も、いいんじゃないかという気がします。

イデトモタカ