ESSAY

2014-02-25

叱らない人。

慣れてしまえば、じぶんの気もちを持ち直すのは、さほど困難ではないのです。腹の立つことがあった、うまくいかないことがあった、嫌な目にあった、そんなことは日常茶飯事です。そういったネガティブなイベントに、いちいちこころを囚われていてはプンプンしているだけで一日が、人生が、すぐに終ってしまいます。だからできることなら、早い段階で、出来事に無意識に反応するじぶんから、意識的に対応するじぶんになるのが望ましいわけです。

ところが、本題はここからで、じぶんの気もちをうまく扱えるようになってくると、瞬間的にはプンプンイライラすることはあっても、長くそれを引きずることはなくなります。出来事に対する認識は変えられませんが、態度は自由なので、すぐに機嫌は戻せます。そうすると、注意したり、叱る気もちさえも、おこらなくなってきます。これは、良いことでもあり、危ないことでもあります。

ぼくはふだんそんなに怒りません。一緒に仕事をしている仲間がミスをしても、目くじら立てて叱責することはないです。一瞬々々のうちに感情が起伏することはありますけれど、それで感情の向くままにネチネチプンプンはしません。だから「いいよ。次から注意してね」となるのですが、それはぼく(のこころ)にとっては良いことでも、果たして相手にとっては良いことなのか、つまり、成長につながる、改善につながることなのか、と最近思ったりします。

誰だって叱られるのは嫌です。ぼくも叱られると、すごく凹んでしまいます。けれど、確かに言われなければいけないことだったな、と思うことばもたくさんありました。結論からいうと、そこに愛があるか、的なことになるのだとは思うのですけれど、なかなかどうして簡単ではない問題です。

注意しない、叱らないということは、結局のところじぶんがいちばんラクなのです。嫌われもしないですし、嫌な顔もされません。でも、ほんとに、ほんとに、相手のことを想うと……?

イデトモタカ