ESSAY

2015-08-02

不動峰。

こころを強くするだとか、じぶんの芯をもつだとか、精神力を鍛えるだなんていうけれど、それってどういう意味かしらん。

逆を返せば人のこころは弱いのだ。ふつうはじぶんに芯がないのだ。精神力はてんで鍛えられていないのだ。

すぐに折れたり、あっちがいいなこっちがいいなとぶれたり、そういう状態からスタートするのだ。

人のこころはぐらぐらしている。その場その場で移ろっていく。状況や環境が違えば違う反応をする。たぶんそれを減らそうということだ。

縁起でもないことだけど、ぼくがよくする喩え話がある。明日不幸にも事故に遭って、片腕がなくなってしまったとする。

こころはなにもない。体の一部が失われただけだ。けれどぼくは五体満足だった今日までと、同じこころでいられるかというと自信がない。

なにかが微妙に違ってしまうはずだ。良くも悪くも。考えかたや価値観や優先順位やものの見方。どこかがじわりと変わってしまうはずだ。

あるいは急に大きな借金を背負うことになり、ご飯もまともに食べられない生活になったとしても、ぼくのこころはなにかが変わってしまうだろう。一切変化なしなんて自信は欠片もない。

でもつまりこころを強くするだとか、じぶんの芯をもつだとか、精神力を鍛えるということは、そういうものへの抵抗力をつける訓練なのだと思うのだ。

いつどんなことがあっても、壊れないじぶんをつくっておく。実際にはどうなるかはわからないのだけれど、もしかしたら杞憂に終わっても備えておく。

たぶん昔はもっとずっとそのリスクが高かったから、じんわりと生活のなかで鍛えられていた気がする。どうあってもこのままのぼくでいたいよね。そう願うけれどできれば願うだけでなく。

イデトモタカ