ESSAY

2017-03-15

すぐに。

経験すれば、一発でわかる。経験しなければ、どれだけ本を読もうが、人に話を聞こうが、想像しようが、結局のところわからない。だったら、経験したほうが、早いじゃない。

経験することに、相当のリスクがあって、絶対に失敗ができないというのなら、もちろん人は慎重になる。事前に知識をつめこんで、アドバイスを受けて、間違いない選択をしようと準備をする。

でも、そういう経験は、どちらかと言えば特殊な部類だ。そこまで頻繁にあるものじゃない。ほとんどは、経験した方が明らかに安かったり早かったりする。瞬間的には高くついたとしても、長い目でみれば早くに経験しておけば、それだけ良かったことばかりだ。

外国に行くってどんな感じだろう、あるいはカジノでギャンブルをするって、どういう感じなのだろうと思うのなら、ささっと行ってみればいい。ぼくはLCCを使って日帰りで韓国に行ったことがあるけれど、1万円ちょっとだった。それですべてがわかるわけではないけれど、なるほどこんな感じかという程度にはわかる。

株を買うってどんな感じだろう、と思うなら、買ってみればいい。この靴下は、どうしてふつうの靴下の10倍も高いんだろうと思うなら、買ってみればいい。アイドルのライブって、なにが楽しんだろう、と思うのなら、行ってみればいい。

経験してみればいい。経験すれば、一発でわかる。一発ではわからないものもあるだろうけれど、ただ考えたり、想像したり、調べるよりも、はるかにたくさんのことがわかる。思っているほどのリスクは、ほんとうはないのだ。

ゲームに参加するリスクより、参加しないリスクのほうがはるかに高い。(ウォーレン・バフェット)

すごい人は、頭がいいからすごいのではなく、たくさんの経験をしたから、すごいのだ。

イデトモタカ