ESSAY

2017-04-30

さよならじぶん。

じぶんのいいところや良さが、ぜんぶ裏目にでたり、足をひっぱったり、弱みに変わったなら、それは次の舞台に移行していくきざしです。そのときに、これまでのじぶんを否定できず、変わらないことを選択して今にしがみつくと、次の舞台の幕は静かにおりていきます。それは必ずしも不幸なことではありませんが、舞台はそこで止まってしまいます。受け取り方は人それぞれでも。

以前「素直な人」について書きました。素直な人とは、じぶんを変えられる人、変われる人なのだという話でした。変われる、変えられるということは、これまでの、あるいは今のじぶんを否定できるということです。これはことばで書く以上に難しいことです。あらゆる場所で、じぶんをもっと愛しよう、じぶんを肯定しようという世の中ですから、積極的に否定するのは至難の業です。

じぶんを愛することと、成長するために今のじぶんを否定することは、必ずしも矛盾しません。同居できるアイデアです。それでも、なかなか簡単ではありません。わかっているからといって、はいそうですかとできるものでもありません。ぼくがほんと、今そういう状態ですし。

ヒントはいつも周りが与えてくれています。それじゃあだめだよと、変わらないとと。どこで幕を引くのかは自由です。ここが心地良いと思ったなら、ずっとそこにいるのも当然ながら自由です。けれど、心地良い場所から離れることが成長だというのも一つの事実です。

成長することがそんなにもいいことなのか、といわれれば正直よくわかりませんが、成長したいのなら、し続けたいのなら、定期的にこれまでのじぶんを否定して、変わっていかなければいけないのでしょう。それはおそらく間違いのないことです。

きょうのじぶんに、さよなら。これまでのじぶんに、さよなら。

型にはまって成長し、型から出てまた成長し。

イデトモタカ