ESSAY

2017-11-08

意。

鬱っぽい話がしたいわけでもなく、そういうメンタルの状態なわけでもなく、ただただ純粋な疑問として、「ぼくはどうして今日も生きているのだろう」と思ったのです。そしてじぶんなりに考えた答えは、「昨日生きていたから」なのでした。

生まれた次の日から、ぼくはずっと、昨日生きていました。たぶん、だから今日も生きているのだと思います。自ら命を終わらせることをしない限り、だいたいの人は、寿命や病によって火が消えるまで、昨日生きていたから今日も生きているような気がします。

なんだかとても消極的な理由であり、消極的な話でございます。でもぼくはかなり事実に近いとも感じています。

今日生きている理由を、とても明確に、切実に、保持している人は少数派です。ぼくはそういうときもあるし、そうでないときもあります。そうでないときの方が多いかもしれません。

ぼくらはぼくらのマネをします。そうやって省エネに生きています。意志や熱意や決意がない限り、つまりそこに「意」がない限り、なんだかんだなにかをマネてやりくりします。そしてそれは、基本的に過去のじぶんです。

昨日のじぶんであり、さっきのじぶんであり、今のじぶんです。一日前の、一時間前の、一分前の、一秒前のじぶんです。

じぶんにどんなマネをさせるのか。あるいはどんなマネはもうさせないのか。「意」だけがそれに関与できます。明るくたのしく生きましょうねい。

イデトモタカ