ESSAY

2017-12-31

最後の晦日。

今年の一番最後の日になりましたね。それどころか、もうあと数時間です。

ちなみに豆情報ですが、月末、月の最後の日のことを「晦日(みそか)」というそうで、12月31日は、一年のなかの最後の晦日のなので「大晦日」と言うのだそうです。

おそらく元は「三十日(みそか)」と書いていたのに「晦日」という文字をあてたのではないかしらん。推測ですけれど。

あと数時間でできることは限られていることを考えると、今年やりたかったことのなかで、残念ながら達成できなかったことがいくつもあります。

なんとなく達成できたこともあります。「カシミア」を一日も休まずに更新できたことは当たり前のようでいて、とてもうれしいことでもあります。

達成できたことと、できなかったこと。その違いはどこにあるのかを考えると、目標やレベルの大小の差はあるけれど、けっきょくは「それ」をどれだけ生活のなかで優先できたのか? ということに尽きそうです。

目標でもなんでもないことを優先してしまって先にやってしまって、大事なことを後回しにしていたら、そりゃあ叶うものも叶いません。

大事なもの、大切なことがたくさんある人生も素敵です。でも、そういったものが少ない方がシンプルといえばシンプルです。

世の中では好奇心がもてはやされますが、正直ぼくはあまり得意ではありません。探究心は絶賛しますけれど。いろいろなものに興味が湧いて、目が向いて、手が向いて、こころまで向いてしまったらエネルギーがばらばらになってしまいます。

2018年はなにを「優先」するのか。優先するということは、他のすべてのことよりも先にやる、他のすべてのことをやらずに「それ」をやるということです。

さてさて、なにを優先しましょうか? いい作戦会議の期間にしましょうね。

今年も一年来てくださってほんとうにありがとうございます。あなたがいるからぼくは書くことができます。いなくても書くかもしれませんが、いてくれるほうがずっとうれしいです。来年も休まず書きつづける予定です。変わらず来てくださるとうれしいです。たまにお便りもくださったらなお。

イデトモタカ