ESSAY

2018-11-29

こうしたほうが。

ちょっとでも、ほんのちょっとでも、「こうしたほうがいいかな」と思ったこと、頭をかすめたことを、取り逃がさないほうがいい。

それは、ほんとうに、ほんとうに、やったほうがいいどころか、やるべきことなのだ。

それを見逃してしまう、見て見ぬふりをするのは、面倒なことや、厄介なことや、心理的なストレスからの「逃げ」でしかないわけで。

ぼくはこれまでに何度も何度も、不誠実なミスをしては、迷惑をかけたり、申し訳ないことをしているけれど、そのどれもこれも、まったく頭になかった、というものではなくて、どこかの瞬間で一度でも二度でも「こうしたほうがいいかな」と思ったことばかりだ。

ぼくらは賢いのだ。あなたもほんとうに。だから「こうしたほうがいいかな」と思ったということは偶然ではなくて、ほんとうにほんとうに、「そうしたほうがいい」から思ったことなのだ。

あなたもね、「こうしたほうがいいかな」ともし思うことがあったなら、迷わずそうしたほうがいい。心からそう思う。

イデトモタカ