ESSAY

2011-01-14

やわらかい月。

きょうはめずらしく、たいせつな話をします。とってもたいせつな話です。そしてたぶん、あなたの知ってる話です。でも、ぼくはこのとしになって、さいきんになって、ようやく気づいたので、きょうはその話をします。ようてんは、ひとことです。

こころがかたくなる人から、はなれよう。

ということです。あなたのまわりには、せけんには、あなたのこころをかたくする人がいます。わるぎがあってもなくても、そういう人がいます。それは、仕方のないことです。だれも、あなたの期待にこたえるために、生きているわけではないからです。だから、あなたはさけてください。

こころがかたくなる人から、はなれよう。

足に合わない靴をはいてると、合わないぶぶんがこすれて、いためて、防御のためにかたくなります。タコやマメになって、あなたを守ります。その代償に、そのぶぶんの感覚は鈍くなります。こころも、合わない人といると、合わないぶぶんがこすれて、いためて、防御のためにかたくなります。こころにはタコやマメはできませんが、なにかかたいものができて、あなたを守ります。そして同じように、感覚が鈍くなっていきます。

こころがかたくなる人から、はなれよう。

そして、

こころがやわらかくなる人と、一緒にいよう。

あなたのこころをやわらかくしてくれる人は、あなたのこころの主治医です。たいせつに付き合ってください。

人生は短いです。

こころがかたくなる人じゃなく、こころをやわらかくしてくれる人と、たくさんの時間を過すことが、とても重要なんだと思います。

ぼくは、あなたにとって、こころをやわらかくしてくれる人でありたいと願います。こころをやわらかくしてくれる人を、ぼくは友人とよびたいと思います。

イデトモタカ