2018-07-28

実力とコマ。

そのとおりにやるというのは技術だ。
才能ではないことがまだ救いで。
技術は身につけられるし磨ける。
ただその第一歩目がむずかしい。
じぶんは「できていない」ということを
たしかに認めることが始まりになる。

じぶんはできている。
じぶんはわかっている。

それが人を技術から遠ざける。
いいやそれが自信になるのだ、
という意見もあるかもしれないけれど、
その感情の名前は自信ではなく
慢心だとぼくは思っている。
慢心はいらない。

じぶんはできていない。
じぶんはわかっていない。

だからできている人から学ぶ。
できている人を真似る。
わかっている人に教えてもらう。
わかっている人を真似る。

それだけでずいぶんと良くなる。
必ず良くなる。
技術は向上するものだ。
時間が味方になってくれる。

いつまで経っても同じ場所から
遠くへ行けない人というのは、
いつまでも同じようなことがけっきょく
「できていない」ということになる。
そしてその代表的なものが
「そのとおりにやる」ということなのだ。

技術を重ねれば経験が積まれ、
実力がついていく。
実力があればどうにかなる。
実力がなければどうにもならない。

実力をつけられる(試せる)場所までは
騙し騙し行ったとしても、
そこで実力がなければ(出せなければ)
次のコマには進めない。

ただ生きていても、
サイコロを振る番は回ってこない。
実力が出た目になって、あるとき急に、
トンとワープする。

イデトモタカ