サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。

  1. おやゆび便り
  2. 31 view

尺と目星

最近わかったことではあるけれど、
話の尺が(ぼくの目星より)長いとき、
累積的にいらいらとしてきます。
会話がキャッチボールになっておらず、
もっといえば会話にすらなっておらず、
なにかの「はけ口」でしかない場合に
なんとも耐え難いストレスを憶えるのです。

余談ではありますけれど、
人の話や悩みを聞くカウンセラーのような
仕事の方というのは、ぼくのこの感覚を
超越しているんでしょうかね。

話の尺が(こちらの目星より)長いと、
合いの手を入れるすきもなく、
相槌をうつ暇もなく、
まくしたてるように話されるので、
途中からぼくはなにに耐えているのだろう、
なぜ耐えなければいけないのだろう、
という気もちになります。

情報の共有であるなら、
情報以外のもの(感情)が多過ぎるし、
感情の共有であるなら、
感情以外のもの(情報)が多過ぎる。
だいたいこのどちらかに思えます。

重要なのは、話している側の人というのは、
なにかを伝えているようで、
実際になにかを伝えているのだとしても、
真実には「じぶん」をなんらかの方法で
語っているのだということです。
「じぶん」に関するなんらかの目的を
果たそうとしている点は見逃せません。

けれど一方で、聞き手であるぼくにも
やはり罪の一部はあると考えられます。
ぼくが「わかっていない」のか、
「わからなくても受け容れている」という
安心感が欠けているのかもしれません。

とはいえぼくも本来必要十分な長さより、
いつも少し長めに話してしまいます。
それは「なにか」を相手に
印象づけたいのかもしれません。
情報や感情を伝える以外の目的が
そこにはあるからなのだと思われます。

もっとスマートな人になりたいです。
いつも少し足りないくらいに語る人に。

では、また書きます。

おやゆび便りの最近記事

  1. 尺と目星

  2. 嘘つきのススメ

  3. アンチ可能性

  4. そういう生きもの

  5. 達人への道

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP