サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。

  1. おやゆび便り

謝らない

謝る、ということを
ぼくは正直あまり評価していない。
どちらかといえば謝る人は
よくないとさえ思っていたりもする。

勘違いしてもらうと困るのは、
じぶんに非があったり
相手に迷惑をかけてしまったのなら、
謝らなければいけない。
それはそうだ。

謝ったら負けだから、
じぶんのほうが悪かろうが
謝らない、というのもおかしい。
わけがわからない。
それは謝らないといけない。

ぼくのいう謝るというのは、
相手から責められているのでもなく
指摘されたわけでもないのに、
先回りして謝る場合だ。

「長文失礼いたしました」だとか、
「夜分失礼いたします」だとか、
「取り急ぎ要件のみ失礼します」だとか、
「愛想がなくてすみません」だとか、
「口が悪くて申し訳ない」だとか。

こういうものは、
謝っているふりをして、
謝っているように見せかけて、
実際には「謝るけれど私は変わらない」
「一言断るけれど私は変わる気わない」
という宣言にほかならない。

ぼくはこの真実を小池龍之介さんの本で知り
そして多大なる衝撃を受けたのでした。
もうずいぶんと昔の話だけれど。
だけれどこれは忘れようもなく、
いまでもぼくのなかに根付いている。

だからぼくはなるべく
謝らないように気をつけている。
謝って済ませようと思ったときには、
まずじぶんが変われないか、
謝らずに済む方法がとれないかを考える。
それが謙虚というものだと知ったから。

謝っても(じぶんを)変えはしない。
それは傲慢でしょう。
謝らずとも(じぶんを)変える。
それは謙虚じゃあないですか。

では、また書きます。

おやゆび便りの最近記事

  1. お休みします

  2. 比べない評価

  3. 過多の病

  4. はぐるま

  5. ふるいに

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP