サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。

  1. おやゆび便り

枠のなかの生きもの

部屋の片付けができない人は、
だいたいにおいて時間の使いかたも下手だ。
時間の使いかたはパーフェクトなのに、
部屋は片付かないという話は
耳にしたことがない。
部屋がだらしない人は時間にもだらしない、
という紋切り型の人間観察を
披露したいわけではなくて、
両方の共通項に注目したいのであります。

部屋の片付けと時間の使いかた。
どちらにも共通する一番のポイントは
「決められた枠のなかでの立ち回り」
をわかっているかどうだ。

部屋も、時間も、決められた枠があり、
そこからはみ出すことはできない。
部屋の大きさや収納力が10あったとして、
モノが1しかなければ、
そもそもの話散らかりようがない。
部屋の収納力10に対して、
15も20もモノがあるから
散らかってしまう。
あるべきものをあるべき場所に、
ということも大事だけれど、
モノが多すぎる原因が基本にあるものだ。

時間にしてもそうで、
時間をうまく使えない人というのは、
1日24時間という枠に
抗おうとしているものだ。
ぼくがそうだからよくわかる。
だからこれも部屋と同じで
基本方針としては減らさないといけない。
いらないものをどんどんと。

そう。
いらないものが多すぎるのだ。
それを必要だと思っているから厄介で。
今日で平成という31年が終わる。
明日からは令和だ。
ぼくらはなにを減らしていくのか。
そこに注目して生きていきたい。

新しい時代はなんだかどきどきする。
平成よりも上手に人生をつかいたい。
ぼくは昭和に生まれ、平成に育ち、
平成で蒔いた種をこれから
令和で実らせていきたいと思っている。
これからもよろしくどうぞね。

さようなら平成。
こんにちは令和。

では、また書きます。

おやゆび便りの最近記事

  1. お休みします

  2. 比べない評価

  3. 過多の病

  4. はぐるま

  5. ふるいに

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP