サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。

  1. おやゆび便り

はぐるま

空回りしている。
空回りというのは
歯車がかんでいないということだ。
歯車なのにかみ合わず、
ひとりでくるくる回っている
ということだ。
そしてなにも生み出していないのだ。

空回りの特徴は実感がない。
そりゃあそうだ。
負荷がかかっていないのだから。
空(くう)でただ回っていて、
なににもなっていないのだから。
実感なんてあるわけがない。

人は歯車じゃない。
社会の歯車になんてなりたくない。

なんていう人もあるけれど、
ぼくは人を歯車にたとえることは
間違いではないと思っている。
それこそ「組み込まれたくない」と
ひとりでくるくる回っていて、
なにがたのしいのだろうか。
空回りしているだけなのに、
じぶんは誰よりも速く回っている、
なんて誇っているのだとしたら、
それこそ笑えないのではないか。

社会にもっとかみ合っていきたい。
生活にもっとかみ合っていきたい。

それで消耗するほうが、
ひとりでただからからと
回って力が減っていくよりずっといい。

ああ、それから、
歯車が目的を持ってはいけない
なんてことはないのだからね。
目標や夢を持ってはいけないなんて
ことはないのだからね。
ぼくはたのしそうに回っていたいのだ。

では、また書きます。

おやゆび便りの最近記事

  1. お休みします

  2. 比べない評価

  3. 過多の病

  4. はぐるま

  5. ふるいに

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP