サヨナラと、エッセイだけが、人生だ。


  1. 最近の記事
  1. おやゆび便り

昭和の名コピー

世の中はなんとなく「週休二日」で、そうじゃないと黒色ではないかと言われてしまいます。就職する人にしても、週休二日かどうかがとても気になるところな様子です…

  1. おやゆび便り

カスタマージャーニー

みんなイデくんや「カシミア」を嫌いになったり飽きたわけじゃないと思う。問題は「先」がないことでさ。クレバーな親友の一人にそう言われました。どういう話か…

  1. 800文字

目の告白

目には力があります。だからときどき、いや、よく、ぼくはその力に屈服します。目の力は強大で、少しでもこちらの調子が悪いと、すぐに圧倒されてしまいます。本能が避けて…

  1. おやゆび便り

尺と目星

最近わかったことではあるけれど、話の尺が(ぼくの目星より)長いとき、累積的にいらいらとしてきます。会話がキャッチボールになっておらず、もっといえば会話に…

  1. 800文字

大人的な調整

牛タン屋で遅い夕食をとっていたら、後ろの中国人らしき家族連れがやけに騒がしかった。とはいっても騒いでいたわけではなくて、地声が大きかったのと、子どもの発声が基本…

  1. おやゆび便り

嘘つきのススメ

いいじゃないか。もっと「嘘つき」になろうじゃないか。こわがっている場合じゃない。逃げている場合じゃない。なにを守ろうというのか。あなたがあなたの「嘘」…

  1. おやゆび便り

アンチ可能性

「可能性」というものは、ときどき「希望」のふりをするけれど、その実たいしたことがないということをぼくらはもっと知ったほうがいい。「可能性」はめずらしい…

  1. おやゆび便り

そういう生きもの

ぼくはあたまのできがあまりよくないので、いろいろと条件を必要とします。あるいは苦手やできないがうんとあります。たとえばだれか他の人が話していたり声が聞…

  1. おやゆび便り

達人への道

「観察」と「評価」を切り離す。これができたら達人であります。コミュニケーションに関する研修を受けさせてもらっているのですが、おもしろいほどにぼくは(みん…

  1. おやゆび便り

人生を2倍にする

大事なことのハードルを下げることにぼくは一所懸命になっております。大事なことのハードルを下げるとは大事なことを「いつでもやる」ということであります。…

PAGE TOP